Pinnaclesports(ピナクルスポーツ)とは?

Pinnaclesports(ピナクルスポーツ)とは?

ピナクルスポーツが選ばれる理由

ピナクルスポーツのコンセプトは、オッズを高くしてプレヤーの支持を得ることです。
アメリカのワシントンポスト紙で「世界でも、歴史上でも、最大・最高のブックメーカー」と評され、大手ブックメーカーの中でも顧客満足度の高いブックメーカーです。また、世界100カ国以上で信頼を得ています。

ピナクルスポーツは、新規登録ボーナスなどはありませんが、その代わりあらゆるスポーツで業界最高レベルのオッズを提供しています。

また、賭け方の種類は少ないですが、日本語対応なので、使いやすいです。

特長その1 同じ試合でもオッズが高い!

Pinnaclesports(ピナクルスポーツ)では、ボーナスが無い分オッズを高く設定しています。

ペイアウト率も平均97%を超えています。

これは他のブックメーカーよりも高い数値です。オッズとは賭け率のことです。

同じ金額を賭けてオッズ2倍の業者であれば1000円×2倍=2000円の配当がもらえます。しかし1、5倍の業者で同じ試合に賭けた場合の配当額は1000円×1、5倍=1500円になります。

特長その2 アービトラージを許容しているブックメーカー!

多くのブックメーカーはアービトラージを禁止していますが、Pinnaclesports(ピナクルスポーツ)はアービトラージを許可している唯一のブックメーカーです。アービトラージのシグナルが頻繁にでますので、ブックメーカーの中級者以上の方は、登録必須です。

特長その3 マックスベット規制が無いブックメーカー!

ピナクルスポーツはマックスベットが高く、規制も緩いので、おすすめのブックメーカーです。額の変更があったかどうかに関わらず、一定の時間が経過したら、最大賭け金まで再び賭けることができます。

Instagram(インスタグラム)とは何?

Instagram(インスタグラム)は、無料の写真共有アプリケーションソフトウェアである。

iPhone・iPod touch・iPadのうちiOS 3.1.2以降のシステムを搭載したデバイスには当初から適応していた。また、2012年4月にはAndroid 2.2以降とカメラを搭載したデバイスに対応した。

コダックのインスタマチック、ポラロイドのインスタントカメラの両方に敬意を払い、インスタグラムの投稿画像は正方形が基本となっている。

沿革

ケヴィン・シストロムとマイク・クリーガーが、ベースライン・ヴェンチャーズとアンドリーセン・ホロウィッツ(英語版)の2社から財政的支援を受けて、インスタグラムのグループは始動した。Burbn という名の当初のプロジェクトには数々の機能があった。クリーガーが参加したあとでチームは、モバイルにフォーカスしたものを選択した。そこで残ったものがインスタグラムである。

2010年10月6日、アップルのApp Storeに登場したインスタグラムは、同年12月までに100万人の登録ユーザを獲得。登録ユーザ数は翌2011年6月までに500万人を突破し、同年9月までには、1,000万人に達した。

2010年10月、インスタグラムの発表された直後に、コミュニティ・マネジャーとしてジョシュ・ライデルが加わった。同年11月には技術者としてシェイン・スウィーニーが、翌2011年8月にはコミュニティ・エヴァンジェリストとしてジェシカ・ゾールマンがそれぞれ加わった。

2011年1月、ハッシュタグが導入され、写真探しが容易になった。同年9月、ヴァージョン2.0がApp Storeに登場した。このアップデイトでは、ライヴ・フィルター、インスタント・ティルト・シフト、4つの新フィルター、高解像度画像、オプションのボーダー、ワン・クリック・ローテーションが加わり、アイコンが新しくなった[11]。

2011年7月、インスタグラムは、同サービスに1億点の画像がアップロードされたことを発表、同年8月には総数1億5千万点に達した。

2016年6月22日には全世界のユーザー数が5億人を超えた。

2017年9月、インスタグラム・ストーリーをウェブ版でも公開すると発表。また、数ヶ月以内にウェブからのストーリーの投稿も可能になると発表。

ネットに「インスタグラムのフォロワーを増やす」サイトがあったのでご紹介しておきます。